2014/04/15



かいわれ大根 2003年秋、定年退職後しばらく単身でかかわった母親のサポートを兄にバトンタッチし、すこし燃え尽き状態だった頃、このグループに出会いました。  活動内容が家事支援、子育て支援では、自分はまるで役に立たないかなと躊躇もしましたが、現役時代無縁だった社会貢献という活動にもひかれ、未知の世界もいいかなと無謀にも飛び込んでしまいました。  

設立準備段階の最後の頃で、ほとんどレールが仕上がっていて、それまで係わってこられた皆さんの熱意と努力には頭が下がりました。  

当初、支援活動は難しいので、事務方など縁の下の役割を考えていましたが、メンバーも少なかったこともあり、この10年間いろいろ教わりながら食事作り以外ほとんどの仕事をさせてもらったと思います。  

利用者さんから笑顔で「ありがとう」と言われると、こんなにも嬉しく、かえって元気を頂いてるな〜といつも感じ、かえって感謝してます。 これからも、「おてっと」の理念「人にやさしい、地域にやさしい、こころ豊かなくらし」の精神に添って取り組んで行けば、「おてっと」は社会に求められ続け、将来は明るいでしょう。  

(藤井 晃三)


コメントは受け付けていません。


山梨県甲斐市 生活支援のおてっと