花の絵手紙私は散歩のお供と食事作りに行っています。俳句が得意な80代の利用者さんから、俳句を教えて頂くようになりました。 お手本に利用者さんが  「福寿草 咲いた桜の下を行く」と詠み 食いしんぼうの私は  「福寿草 おはぎを食べて 墓参り」と詠むと、 「食べちゃだめだ。供えないと!」と 「福寿草 おはぎささげて 墓参り」に直して頂きました。 こんな風にその方らしい良さが、年を重ねても輝いている姿に、いつも励まされます。
また、「おてっと」では、研修で調理実習をはじめ色々なことを学ぶチャンスがあります。働いていて、考えたり学んだりすることが多いのです。少しずつでも成長できたらと思い、続けて行きたいと思っています。

(中井 雅子)