6月の研修は、昨年に引き続き山梨県赤十字奉仕団指導講師の中三千代さんと2名の団員の方から、「救急法」(AEDの使い方と人工呼吸法)を学びました。

救急救命について説明する中さん 救急救命実習の様子

印象に残った事をいくつか紹介します。

◆AEDはメーカーによって種類が違う すでにAEDの講習を受けて知っているつもりでも、スイッチの入れ方、流れるメッセージなどはメーカーによって違います。知っているからと思い込まず、まず素直に機械のメッセージを聞いて従う事が大事です。

◆「誰か来てください!」では助けに来てもらえない。

救急車が来るまで、ひとりで対応するのは無理です。助けを呼ぶ際には、目と目を合わせて「すみません!AEDを探してください」、あるいは名前を呼んで「救急車を呼んでちょうだい」と伝えましょう。自分に頼まれていると分かれば、協力してもらえます。

◆AEDが必要なのかわからないと迷っていると遅い。

わからなければまず使いましょう。必要なメッセージが流れるのでそれに従えば大丈夫です。

自分の行動範囲内にAEDが設置されている場所を把握しておきましょう。

◆救命は連鎖

救急隊が到着したら、正確な情報を伝えられるよう、電気ショックの回数、人工呼吸や止血の時間などメモしておきましょう。そうすれば次の人は、プラスの上乗せの手当を迅速に行う事が出来ます。

◆あわてないで急ぐ

これは難しい事です。倒れている人を発見した時に、冷静に手順をおろそかにしないで、的確に対応するために、常日頃から意識を持って生活し、繰り返し研修していく必要を実感しました。

(れーあ)