介護保険改訂についての説明を聞く「みんなで考えよう。~医療・介護総合法でどう変わる?~」というテーマで 介護保険制度の改定により、どう変わったのか、どう影響するのかについて勉強しました。 講師は居宅介護支援センター やすらぎの堀 忍ケアーマネージャーにお願いしました。

今回の改定の目的は「高度急性期医療から在宅医療・介護までの一連のサービスを地域において総合的に確保すること。地域における適切な医療・介護サービスの提供体制を実現し、患者の早期の社会復帰を勧め、住み慣れた地域での継続的な生活を可能にする」ことです。そしてこれを全国一律の予防給付ではなく市町村単位の地域支援事業に移行していく事になります。

具体的にどんなところが改訂され、これからどうなるかも分かり大変充実した研修でした。今後は、要支援などの軽度な方は地域支援事業に移行してサービスを受け、できるだけ住み慣れた地域で、生活することになります。国が目指す地域包括ケアシステムは、自助・互助・共助・公助の連携でなりたちますが、「おてっと」はこれからどのような役割を担えるのか、どのような形で支援活動を続けていきたいのか、学習や話し合いを重ねながら今後のビジョンを考えていきたいと思います。

今後も利用者さんが心地よく生活できるように支援して行くとともに、更に利用者さんの希望や意見を色々な場で伝えていきたいと思います。

(ふーちゃん)