早いものです、もうクリスマスそしてお正月と、一年は早いものですね。

おてっとではもう事務所の大掃除の相談、コーディネーターが来年の利用者さんの支援スケジュールを計画し始めています。

利用者さん宅も新年に向けて大掃除などの支援が始まりました。

冬の健康についての講義の様子研修は甲府健康友の会に講師を依頼し、甲府共立病院看護師 小林さんから「冬の健康について」お話を聞きました。 

主な内容とポイント

食事 ビタミンC(免疫力アップ)、ビタミンA(ウイルス侵入口の粘膜の健康維持)の摂取。

環境調整 室温は20度前後、湿度は50~60%以上に保つ。

衣類 身体を保温する=抵抗力を高めるために必要。

冬の入浴はヒートショックにご用心 外気温が低くなる12,1月は心肺機能停止者が8月の11倍で入浴中の急死は交通事故の4倍強とのこと。脱衣所や浴室の温度差を少なくし、ぬるめの湯(41度以下)でじんわり体を温める。

運動 運動不足にならないよう心掛け、体力を保ち肩こりや腰痛にならないよう積極的に体を動かす。

風邪とインフルエンザの予防 手洗い、うがい、マスクは風邪予防の基本。

冬場に多い食中毒 代表的なのがノロウイルスです。予防のポイントで最も大切なのは手洗いで手洗いについての講義の様子す。特に排便後、また調理や食事の前には石鹸と流水で十分手を洗いましょう。

これらを13ページにもなるテキストを使い、分かり易く解説いただきました。

いつも冬場になると見聞きする情報ですが、改めて教えてもらうとさらによく理解出来ました。私はマスクを裏返し着用していたようで、講義を聞いて良かったです。

活動会員も改めて認識を新たにし、支援活動に活かしていけると思います。

第二次インフルエンザの流行期に入ったようです、良いクリスマス、お正月を迎えられるよう、お互い健康に注意しましょう。

(ふーちゃん)