定例会の前日から予報通りに雪が降り始め、翌朝の状況によっては延期を考えなくてはならないかと心配しましたが、さいわい朝には雨に変わってホッとしました。

ひざ痛・腰痛の講義 毎年研修でお世話になっている介護実習普及センターのリクエスト講座を、今年度は1月と2月にお願いしました。今回は「自分自身が元気でいるために」というテーマで、作業療法士の上杉佐和子さんから、活動会員が抱える悩みの膝痛と腰痛について教えていただきました。

 膝の痛みへの対策としては、関節包を滑らかに動かすための、ストレッチと筋力強化を組み合わせたマッスルセッティング(膝伸ばし)、膝蓋骨のストレッチ、湯船で太ももの前の筋肉を伸ばす正座風呂が有効だそうです。

 腰痛の原因の一つである血液循環の悪さに関しては、就寝中の寝返りが少なくなっていることがあげられました。寝る前に腰ひねりやひざ倒しを繰り返して、寝返りの形を体に覚えさせると良いと教わりました。もともと腰痛もちの私は、特に最近起床時に痛みが出ていたので、まさに思い当たることでした。

  “体は怠ける”そうです。筋肉を伸ばさないと、この程度でいいんだと思う、縮んでしまうと伸びるのに時間がかかるけれど、繰り返し伸ばすと、もうちょっと伸びないといけないと思うというお話に、なるほど!と納得しました。自分の体の調子を整えるためには、意識してストレッチ(ゆっくりした呼吸で、痛気持ちいい程度で)を行うことの大切さを痛感しました。

(れーあ)